育苗ハウスの設置が全部完了

去年の12/25から作成を始めた育苗用のビニルハウス(約3坪)。畑にある資材を集めたり、足りない部品を購入したりして、何とか形になったのが今年の1/6

その後ビニルを張り、あとは内装のみとなったのが1/10で、1/19に扉を設置して外観は作成完了しました。ここまでで約1カ月近くかかっていることに今日ビックリ。ゆっくりと作業していたんだなー。

そして今日は、いよいよ内装準備として、事前に購入しておいた農電マットを設置しました。

断熱材をしたに敷いて、その後、汚れ防止を兼ねて、上に黒マルチを敷きました。

電気も引いて(有資格)、あとは苗の準備ができ次第、どんどんこちらで春・夏作準備を開始です。

もともと園主宅の育苗ハウスを見ていたので、私も実践しようと思っていたのですが、育苗場所に毛布をかけて保温を行うと、さらに熱効率がアップする旨、農電マットの説明書に記載してありました。

トンネルビニール+断熱シート(ここでは毛布)をかぶせると、その有無で10度前後も温度が違う結果と。

保証値でないとはいえ、これはやっておこうかと。

毛布の保温力スゴシ!