直まきと苗床の両方で

昨日に続き、今日も種まき。

せっかく雨がパラつくのであれば、水やりを省略できるのでこれを利用しない手はありません。タイミングずれると自分がずぶぬれになるのですが・・・

今年は畑に種を直接まく「直まき」と、育苗用の場所にも同時に種をまき、足りない(欠ける)分を後で補植する「苗床」での種まきを併用しています。

全部苗床で栽培すると後々に移植に時間がかかるデメリットを、直まきを併用することでカバー。直まきだけですくすく作物が成長してくれるのがベストですが、どうしても水の管理、虫からの対策まで直まきだと手がまわらないので、それなら併用すればよいではないか、と思いまして。

今のところ感触として悪くないやり方かな、と感じているので、しばらくはこの方法を続けて改良してみようと思っています。虫からの攻撃をうまく回避する方法を探る毎日です。