ソラマメとあぶらむしの攻防を毎年心配しそうな気がしてきた

生育良好なソラマメの管理をしました。

大きくなったソラマメの株の中には、自分の重さに耐えきれずヘシャゲテきたものもあったので、今日は誘因ヒモの2列目をかけました。

遠目でみると、きわめて順調な生育。

「よしよし、今年こそたくさん収穫できるのではないか、ソラマメが♪」と、浮かれたのもつかの間で、念のため個々の株をじ~っと観察すると、、、、、、「まぁ、そうだよね。ソラマメにあぶらむしがつかないわけないよね」、と現実に引き戻されました。

ただ、ソラマメが全滅した去年と異なり、今年はてんとう虫くんが奮闘している様子もうかがえました。成虫に限らず、幼虫も多々そらまめの葉っぱで発見されたので、モリモリあぶらむしを食べてくれているのかと。

暖かくなると、一気に現れてくるあぶらむし。

そらまめに、あぶらむしはセットで考えないといけないんだなと思うと、毎年この時期ヒヤヒヤするんだろうなぁ。農薬は不使用の予定なので、このままてんとう虫の食欲に大いに期待です。

また週末に子供を誘って、畑でてんとう虫探しでもしようかな~。