柔らかくてクセがない白菜なばな

白菜なばなが最近良く売れています。

柔らかく、それでいてクセもないので、お浸しや炒め物など使い勝手が良く、この時期しか食べられない菜の花。収穫にちょっと手間がかかるのですが、その手間の分だけ美味しく召し上がっていただけるかと。

そんな白菜なばなを菜園場で収穫するときは、ハサミを使いません。理由は簡単で、ポキッと折れる場所から収穫すると、食べた時のスジっぽさが出なく、食味がよいから。

この状態の菜花であれば、

こんな感じにポキッと手で簡単に折れるところから収穫します。

手で折れない場所にはさみを入れて収穫することもできるのですが、それでは食味が良くない場合があるからです。

更に見た目を整えるため、下の茎部分を切りそろえるので、菜園場の白菜なばなは、菜の花のつぼみとその近くの茎に限定して出荷しているので、特に柔らくて美味しい!

収穫作業は一本一本完全な手作業なので、ものすごーく時間はかかるのですが、その分美味しく召し上がっていただけるかと思います。

花が完全に咲いてしまうとお終いなので、毎日収穫に追われています。