去年に続き、今年も楽に自然薯を掘り上げる準備

去年『山芋掘りを楽しちゃおう計画の結末』で検証した、自然薯掘りを簡単にする方法を今年も実践することにしました。

前年に続きこの方法を実践するのは2回目なので、手順もスムーズ。

ハーフカットしてある塩ビパイプを埋め込んで、山芋の種イモをパイプの中に設置。

目印の印を立てて、あとは土をかぶせて埋めるだけです。

これで収穫時はパイプをごろんとひっくり返すだけで自然薯を傷つけることなく収穫できます。ちょっとの植え付け工夫で収穫がこれで劇的にらくちんになるのです。素敵。

前年と同じ場所での栽培となるので、堆肥をたっぷりと投入して準備完了です。

今年はさらに、この上をカボチャのツルが伸びるようにしようかと検討しているのですが、いかんせん、ここは雑草の勢いもすごいので悩ましい。