生のザーサイを調理して食す

生のザーサイって見たことや食べたことありますか?

私は今までザーサイといえば、元がどんな食べ物であるか想像したこともなく、中華料理屋さんで出てくる、漬物がスライスされたものしか知りませんでした。

お客さんからリクエストを頂けたこともあり、去年、種売り場でザーサイのパッケージを見て思ったことが「こりゃ、とっつきにくそうな外観だなぁ・・・」というものでした。

出来上がったザーサイの外観を見慣れていないため、売場にこれがドーンと置いてあっても、「なんじゃこりゃ?」となることが容易に想像できたためです(^^;

※今年栽培してできたのがこちらです。↓なかなかのインパクトだと思いませんか?

そんな見た目の可愛いらしさの少なさとは裏腹に、味は美味しいのです!

意外にも(笑)!

最初の1口目を食べた時は、そこまでピンとこなかったのですが、食感がジワジワと忘れられなくなってきます。コリコリというのか、ポリポリというのか、口の中で程よい食感を味わえ、そのうえ、食べた後がスッキリする感じ。

妻に、下の写真のような調理をしてもらったのですが、今度はこんな感じの炒め物でニンニクととうがらしを入れてもらおうかと思っています。

ニンニク&トウガラシ&ザーサイの炒め物。うーん美味しそうな響きです。