現れだすと止まらない

フキノトウがニョッキニョキです。

去年の記録を見ると、本格的に出荷を開始したのが3/1位。それに対して今年は、先週あたりから収穫量が激増したので、例年に比べて、約3週間ほど早いでしょうか。

フキノトウは、タイミングを逃すと花が咲いてしまうし、早すぎるとまとまった量がとれず出荷の予測が立たない強敵です。畑の状況をみていると、今週は特に多く出荷する可能性が高そう。

今しか味わえない春のほろ苦さ。体感では冬ですが、暦の上では春なので、深く考えずに味わってください!

明日は百才(ももとせ)で「第四回もったいないキッチンⅡ」に午前中だけ顔を出してきます。この会は毎回色々な個性豊かな人々が参加するので、見ているだけでも面白いです。今回はなんの野菜を持参しようかなぁ。

次の日の火曜日は「小山菜園場のあいばこ野菜曜日」への野菜の納品に行ってまいります。今月から始まった新しい取り組み。楽しみながら継続できると良いなと思い、まずはやってみようかと。

私のスタンスは、イベントにはできるだけ顔を出したいと思っているのですが、出かけるとその分畑から離れるので、作業が遅れてしまうという問題も。

予定の調整に毎回悩まされています。