トウモロコシの次はトマトを狙われる

連日鳥の攻撃を受けて、朝から「あちゃー」となることが多発の毎日です。トウモロコシの鳥による食害が激しかったので、防鳥ネットを張った矢先、今度の攻撃の矛先はトマトに。

朝の収穫時に、鳥が食べてしまうのが早いのか、私が収穫するのが早いのかの競争になってきました。といっても、トマトだけ収穫しているわけではないので、今日にいたるまでにトマトを何個ダメにしたか。

いい加減、トマトをつつかれるのも嫌なので、雨続きで圃場の足場が悪かったのもあり、今日こそはと思い、トマトが植わっている場所に防鳥ネットを張ることにしました。

これでカラスの撃退はできると思うのですが、小さな鳥だと、隙間から問題なく入ってきて、食べられてしまう可能性がありそうです。

一難去ってまた一難。

「どうしたものかなぁ」と考えていたところ、園主から貴重なアドバイス。

「どうせ食べられるんだから、食べられて傷んだトマトも落とさないでそのままにしておいたら?ほかのキレイなトマトではなく、傷んだトマトを食べてくれるかもよ~」と。

いつも発想が柔軟な園主。

食べられないようにするだけではなく、「食べられることもある」ということを前提にした対策案に「なるほどなぁ~」と思わず納得してしまいました。