ナスの植え付け、エダマメの種まき

今日ナスを植え付けました。

本当ならもう少し最低気温が暖かくなってから植え付けたかったのですが、毎日の水管理の負担を軽減するため、エイヤっと畑に定植することにしました。この時期に定植するならば、本来は5月の初旬あたりまではビニルトンネルで囲って保温するべきなのですが、はたして優先順位を上げてそこまでの対応ができるか。

とりあえず第一段は、早生真黒(ワセシンクロ)ナスを42株。

今年のナスの育苗はとても順調に進みました。ちょっと成長が早すぎるくらい。過去の記録を見返すと、1/19に種まきをしていました。理想をいうと、5月のゴールデンウイーク明けあたりに定植できるようにしたいので、ナスの種まきを来年は2週間ほど送らせてみようかと検討中。

以前、遅くに種をまいて育苗に失敗したことがあったので、今年は早めに育苗を開始しました。そしたら、それはそれで順調に育ちすぎて、ちょっと早すぎるくらいの結果に・・・・。理想の状態で仕上げるのって難しいです。

ナスの定植を終えた後は、明日の雨予報を利用すべく、エダマメの種まきもしました。

今年も、味も香りも美味しく楽しめる『湯上り娘』をメインに栽培します。今日から80日前後が収穫予定日なので、順調に成長すれば、7/1頃にエダマメを出荷できる予定です。

エダマメの種をまくと「繁忙期がやってきた!」という気になります。