今年も楽をすべく、肥料袋に土を積み上げる

去年「肥料袋に土を積み上げて栽培する方法」を試して、栽培に向いている作物、向いていない作物がわかってきたので、今年もやってみることにしました。

肥料袋栽培に向いている作物、というより凄く収穫作業が楽になるのでおススメの作物が、キクイモ!

菜園場で通常キクイモの収穫をする時は、スコップ片手に1m四方の範囲を30-50cmほど掘り上げて、その中からキクイモを探し出すため、とても手間がかかります。油断するとイモにスコップがブスっと入り傷ついてしまうし。掘り上げ作業中長靴に畑の土が流れ込んでもくるし・・・・

それが、肥料袋栽培だと袋の中にイモがおさまってくれるので、収穫がラク!袋倒してイモを取り出し、はさみでチョキチョキ切るだけなのです。

ラクなんてもんじゃない!

くどいようですが、

本当に収穫がラク!!

作業時間の比較としては、「1時間 vs 15分」位の違いです。これはやらない手はない。キクイモが土の中であっちゃこっちゃいってしまう状況から解放されるので、ぜひおすすめです。

次。

ゴボウも楽ちんでした。が、ゴボウの場合、大体袋の長さを突き抜けてさらに下にもぐっていく可能性が高いので、多少掘り上げる作業は必要になってきます。ですので、おススメ度合いは中くらい。でも出来上がりはよかったので、複数本を植えるとちょうど良いサラダごぼうが収穫できそうな感じです。

最後。

肥料袋栽培でおススメしない作物は、ヤーコン、山芋です。去年試した結果、実なりが悪く、種芋の栽培としてはちょうどよかったのですが、出荷するには小さい芋ばかりだったので、おススメしません。

とまぁ色々やりたいことはあるのですが、とりあえず肥料袋に土を積み上げないと話にならないので、本日から作業に取り掛かりました。

その結果、15袋程度で力尽き、本日の積み上げ作業終了・・・・

肥料袋栽培のデメリットがありました。

・・・・準備が思いのほか大変

次に積み上げ作業のやる気が出るのは来週の予定です。それまで見ない見ない。頭からいったんこの作業を忘れることにします。