お蕎麦屋さんのソバ

今日は、菜園場で栽培したお蕎麦でそばを挽いて打ってくれた、所沢の弥兵衛さんに行ってきました。栽培したお蕎麦の脱穀作業に参加いただいたのがきっかけで、縁あって今日の会が実現。

もーね。お店に行く前から気分はウキウキでした。

だって、自分で栽培したそばが、美味しいおそばになるんですもん。

しかも、店主の高須さんのお心遣いから、お出しいただいたのが10割そば。贅沢です。

出来上がったそばを見てまたビックリ。

どうしてこんなに綺麗にそばが仕上がるのでしょうか。余りの綺麗さに、盛り付け直後の最初の時点で写真を撮るのを失念し、写真は食べかけの状態(^^;

去年の年末に自分でソバを打った時の写真はこちら(しかも二八)↓

当たり前なのですが、プロは違います。全く別物(^^;

これは本当にそば打ちを習う必要を痛感。

いーなー。こんなそばが自分で打てたら楽しいだろうに。

人の縁に恵まれ、色々な刺激を受けて、そしてまた次の機会につながります。

生産者の喜びです。ありがたい限りです。