トウモロコシの強敵アワノメイガ対策

7月になりトウモロコシの雄花(オバナ)が出てきたこの頃、決まってやってくる虫がアワノメイガ!茎を食い散らかしたり、実の部分を食い散らかしたりで、いやーな虫です。

まぁ、農薬を使った防除をしていないので、結局食われるときは食われてしまうのですが、それで何もせずに諦めてしまうのも悔しい。ということで、食害に会う可能性を出来る限り少なくすべく、受粉が終わったトウモロコシの雄花を、今日は全部カットしてしまいました。

カット前の状態がこちら。一般的に見慣れた光景。

「今年に限って奇跡的に、アワノメイガが全くいない!?」

なーんて奇跡を一瞬期待したものの、雄花をカットしているうちに、出てくること出てくることたくさんのアワノメイガが。

たいてい下の写真のように、食べかすのようなものが葉の根本にある時は、アワノメイガに侵入されています。

この茎部分をちょっとずつカットしていくと

アワノメイガが、たいてい出てきます。

角度を変えるとこんな感じに。よくまぁ、こんなキレイに侵入するもんだなぁと、感心するくらい茎の芯を食われています。

バシッと地面で踏みつぶして、どんどん雄花をカットカット。

結果、なんともさみしい光景に。

トウモロコシ畑っぽくなくなってしまいました。

虫の侵入が少ないと良いなぁ~なんて楽観的に考えていたのですが、雄花のカット作業、終わってみれば、20-30匹位は退治したんじゃないでしょうか。

このまま放っておいたら食害まみれになるところだったので、タイミングよく虫の見回りができてよかったです。雨で畑がドロベシャなので、こういった作業には向いた天気。

でも、、、、、明日も天気予報では雨。

もうさすがに雨は勘弁です。九州では雨が大変なことになっているし、毎年、「○○年に1回の天気」というワードを耳にしている気がします。

そろそろ気分爽快な晴れがほしいです。