恒例の堆肥の補充

今日は年に2回の堆肥の補充のため、青梅の「東京都有機農業堆肥センター」へ行ってきました。家から40分ほどかけて車で行き、現地で2tトラックを借りて、そのまま畑に向かいます。

軽トラックや軽バンから、急にこの大きさの車に乗り換えるため、はじめは違和感ありありでしたが、そろそろ堆肥を運ぶ回数も重ねてきたので、運転に慣れてきました。

とはいえ大きなトラックなので、運転は慎重に。

まずは今年新設した新しい堆肥保管場所に半分補充。余裕をもって入口を大きく拡張しておいたので、すんなりトラックが入ってよかった。

このザザっという瞬間が結構好きです。これだけの量を一気に運べるのでやっぱりトラックは便利ですね。

残りは園主がメインで管理する圃場に補充して作業完了です。

荷台がスッカラカンになった姿を見ると、子供を乗せて遊ばせてあげたくなります。こういうところに乗るのって小さい頃のあこがれでありませんでしたか?

今回も事故なく無事に作業が完了してホッと一安心です。冬の堆肥補充が終わると、さぁ夏野菜の準備だ!という気になってきます。

まだまだ寒い時期なんですけどね。