秋じゃがの植え付け

今日は秋じゃが用に、『アイノアカ』を畑に植え付けました。煮崩れしにくく、そして外観も素敵な、赤みがかったおイモです。

畑への植え付けが遅れたので、種イモから芽がたくさん出てしまったため、芽かきを少ししての植え付け。

春作のジャガイモは腐りが入りにくいので、種芋をカットしてから植え付けますが、秋作は腐りやすいので、種芋をカットすることなく、そのままの姿で定植。あまり芽かきをしちゃうと、そこからも腐りが入りそうだったので、気になるところ少しだけの芽かきにして。

後はひたすらに草刈り作業の1日でした。

草刈り中にビックリしたのが、刈払機をぶんぶん振り回している時に、離れた後ろのほうから、声がけをされたこと。畑の中でそうそう声をかけられることもないので、ん!?となりました。

振り返ると、いつものように、そばの生育具合を確認しに来た、そばの実カフェsoraの小池さんの姿が。よくよくスマホを確認すると「今畑に見学に来ていまーす♪」と事前の連絡が入っていました。

そばの生育具合にうっとりする小池さん。「花が咲いているー。花見しようかなー♪」、「いやいや刈り取りのほうがイベントとして面白いかな♪」などなど色々つぶやいてから、ささっと帰っていきました。

今のところ台風も来ていないので、そばの生育が順調です。