掘ってから10日後にシルクスイートを味見

今年メインで栽培しているサツマイモのシルクスイート。

毎日少しずつ掘り上げて、最初に掘り上げた日から計算して、10日経過したイモがあったので、試しに食べてみました。通常、掘り上げてから1カ月以上は寝かすのが望ましい品種なのですが、つい、待ちきれなくて。

結果は・・・・

名前の通り、なめらかで舌触りのいい食感ではあったのですが、甘味のノリがいまひとつ。ほんのり甘さを感じるだけで、熟成をしっかりさせた去年食べたものに比べればまだまだ。上品な甘みといえば聞こえは良いのですが、個人的にはもう少し甘さが強いものが食べたい。やはりもう少し寝かせる必要があります。

ちなみに、試しに今日掘り上げたイモ(熟成期間0日)も同時に食べて見たのですが、こちらはホクホク感はあるものの、10日経過したものよりさらに甘味がマイルドな感じ。私には上品すぎるなぁ。

掘り上げてから一定期間ごとに食べてみて、どれくらい味に変化が出るのか知りたかったので、いい勉強になりました。この状態ではまだ、お客さんに出荷はしない方が良いな、と思ったのでもうしばらく出荷はしません。

次は20日ほど経過したあたりのシルクスイートを食べて、味の変化がどれくらいなのか検証したいと思います。

それにしても。

寝かせると熟成(デンプン質が糖分に変化)して、甘味がグッと増すこの性質。去年体験してビックリでした。

食べ物の不思議です。