雪の影響からどこまで持ち直せるか

時期的に暖かいからか、昨日雪で埋まった畑は今日一日でほぼ溶けていきました。温かいって素敵。

ただ、畑を見回ってみると、多少雪の影響はあったわけでして、どこまで復活できるか今後が気になります。

ソラマメは、アブラムシにも負けず順調に大きくなっていたのですが、やはりクターっとなってしまいました。上から雪がかぶさり思いっきり押しつぶされた模様。数日前まで「うーん良い出来だなぁ♪」と浮かれていたのですが、そううまくいかせてくれません。

よーく見ると、空に向かってピンと立っていた状態から地面側に広がった状態に。前向きにとらえると、この状態はわき芽取りの作業がやりやすそう!と思い、わき芽を全株で除去しておきました。良いこともある。

続いて葉物野菜が植わっている畑を見ると、こんな状態に。(写真はわさび菜)葉っぱがポッキリ折れてしまって、さすがにこれは出荷できる量が減りそうな予感。収穫がしやすいやわらかい野菜は、雪の重みの影響をモロに受けていました。

それでも、今日の夕方あたりには、この状態から↓雪が全部消え去ってくれたので、まだよい方かなぁ。

真冬の時期だと、1週間近く雪が残って溶け去らないのが過去あったので。

もうこの時期の雪はカンベンしてくれ~。