黄色トウガラシの活用法

寒くなってきたので、自家採取のできる野菜から種を採って、来期の準備をしています。大体の種採り作業は順調に進んだのですが、大苦戦したのが「黄色トウガラシ」の採取。

・・・・もう、これ本当に強烈です。

収穫ついでに種取りをしようと、午前中をかけてドカっと収穫した黄色とうがらし。その中から種取りに適した大きい実で完熟のものをピックアップ。

すでにこの黄色トウガラシは激辛であることは認識しているので、軍手を装着の上、いつものように種を中から取り出していると、くしゃみが止まらない!

育苗ハウスの中(密閉)でやっているのがダメなのか?と思い、外に出て作業を続けるも一向に収まる気配なし。1つのサヤから種取りを開始すると触り終わるまでくしゃみ継続。

何なんだ、このとうがらしの強烈さは(*_*)

種を採るだけで一苦労の黄色トウガラシ。ふと作業をしていて、思いついたのが虫の忌避剤に使うこと。

水にまぜて、噴霧器で虫食いの激しい野菜に散布して害虫除けだ!これはナイスアイデア!と思い、思わず園主に話してみたところ、

園主「野菜がそのまま辛くなってないとよいよな~。」

・・・・万一野菜に辛み成分が残っていたら、激辛すぎてクレームの嵐です。

やる場合は、試験的に家で食べる用のものにかけてからにしよっと。