黄色トウガラシを緑のうちに乾燥すると

こうなりました。

なんでしょう。ものすごーく、美味しくなさそうな質感と色感。それぞれをよくみると、緑でも黄色でもなく、乾燥途中の色は白色。

触るとぶよぶよし、決して食べたくなるものではない。日中は太陽の下、ビニルハウス内部の高温下で乾燥させていたのですが、どうやら直射日光も良くない感じがします。日焼けでしょうか。

今度は日陰で乾燥してみようかなぁ。

緑色がきれいに出れば、粉末にしたときに色合いもよく、食べる際の香辛料によいかなぁと思ったのですが。

ひとまず最初の乾燥は失敗しました。食べると激辛な黄色トウガラシなので、粉末にしてマイルドにする方法はないかを探っています。

明日以降、また方法を変えて乾燥してみよっと。