乗用トラクターってパワフル

少しずつ秋作の準備が整いつつあります。

「え?いまから?」と言われてしまいそうですが、菜園場では、現在絶賛秋作準備中です。おそらく周りの農家さんの中では遅い方かと(苦笑)。

今日はトラクターを使って、植え付け予定地の耕運を完了させました。

先日ハンマーナイフモアという機械で雑草を粉砕した場所がこちら。米ぬかと木杯石灰、それに、いつも使っているとうきょう元気堆肥をまき、耕運準備OK。

そこを、乗用トラクターで15分ほど作業したところ、こんな出来上がりになりました。

従来使っていた管理機では、おそらくは1.5hから2hはかかるであろう作業が、ものの15分前後で完了。

乗用トラクタ恐るべしです。

今年清瀬の農家さんに譲っていただいた乗用トラクター。超がつくほど優秀です。

今まで使っていた管理機とは異なり、耕運できる幅が広いので、今まで作ってきたウネ幅のサイズを、少しずつ修正が必要なのですが、作業効率を考えると圧倒的な違いかと。

大事に大事に使っていきたいと思います。