スナップエンドウの支柱たて

気づいたら、いつの間にか大きくなっていたスナップエンドウの苗。

30cm位になっているものもあり、ツルも伸ばしたがっている模様。こりゃいかん。支柱をたてて、ネットを張らねばと思い、今日は支柱たてとネット張りを。

片づけやすく、それでいて、収穫の邪魔にならないように、を意識しての簡易構成。ところどころ直角に立っていない位適当に^^

途中園主がサポートしてくれたため、予定より早く作業が完了しました。ありがたや。

支柱たてをやっている中で教えてもらった、新しい発見がありました。

当初、キュウリネット(1.8m×18m)を2個使い、2列分設置しようとしたところ、園主が一言。

「縦に1.8mも採る必要ないから、思いっきり横に伸ばせば、1個のキュウリネットでもっと距離を取れるよ。高さはその分下がるけど。」と。

( ,,`・ω・´)ンンン?どういう意味だ、と思ったのですが、ネットを横に引っ張るとどんどん伸びること伸びること。

当たり前なのですが、高さ1.8mを維持して18mの長さを取ることができるので、ビヨーンと引っ張って、高さをある程度犠牲にすれば、もっと横に距離をとれる、ということでした。

結果、キュウリネット1個だけの利用で、約25mほどネットを張ることができました。奥まで行って戻ってきた結果、2列分の8割ほどまで1個のキュウリネットでネットを張れることに。

何事も頭をやわらかくして考えることの大切さ。

イヤーこういう方法があるというのは、気づかなかったなぁ。

勉強になりました。