東京都有機農業堆肥センターから堆肥の補充

前回堆肥を補充した2018/2/6(東京都有機農業堆肥センターに堆肥の補充に行ってきました)から約半年たった今日、再度東京都有機農業堆肥センターから堆肥を購入してきました。

菜園場では、約半年で2トンの堆肥を使用しています。お野菜の土づくりのメインとなる材料がこの東京都有機農業堆肥センターで作られる「東京元気堆肥」(PDFへリンク)。通常時は、有機石灰、ようりん、本堆肥の3セットで土づくりの準備をするのですが、時にはこの堆肥のみで野菜も育てることもあります。

よくよく考えると、たい肥だけで美味しい野菜ができるのだから凄いもんです。

機械がガーガー動いて攪拌して、乾燥・発酵させていました。

2トントラックを借りて、せっせと畑に堆肥を運び入れました。

二度目なので、トラックの運転、操作方法も大分慣れてきたのですが、このトラックはバックミラーから何も見えない(荷台しか見えない)ので、思ったより運転を不安にさせてくれます(^^;

事故などなく、無事に運び終えることができてよかった。