そばについてお勉強

今日は午前中に少し収穫・管理作業をした以外は、子供と遊んでいました。が、こっそり時間を見つけて、これから栽培してみようと考えているそばのお勉強も。

読んだ本はこちらの「ソバの絵本

そばの実カフェの小池さんから借りた絵本。絵本だったおかげでか、全体概要がわかった気になりました!(笑)なにかと気にかけていただき、ありがとうございます。

印象的で今後参考にしようと思ったこと。

  • 一般的に5・5そばを作る想定だと、1アールあたり40人分のそばが作れる実の収量と記載。ということは10割そばの場合は1アールあたり20人分ということかな。
  • 土壌は弱酸性が望ましい。
  • 植え付けは、株間5cm、条間50cm。
  • そばの成長は他に比べ早いため、雑草はあまり生えない(雑草の栄養分を吸収)。本当だったらそれはうれしい!
  • 土寄せは10cmくらいずつ、3回に分けて行い、合計30cm位やるのがよい。
  • そばが実を付けるには、雌しべの長い長花柱花(ちょうかちゅうか)と雌しべの短い短花柱花(たんかちゅうか)で受粉が必要。長花柱花または短花柱花どうしでは受粉するも実がならない。
  • 収穫参考時期は、一番上の花房の実の半分が黒くなったら収穫適期。
  • 天日干しで乾燥する場合、10日位が目途。その他webを併せて調べたら水分量16%前後が望ましい。

何かを始めようとするとき、声をあげると誰かが助けてくれている気がします。

期待に応えられるよう最大限の努力をしたいと思います。