ソラマメの支柱を立てました。簡単な方法を模索して

いかに手を抜き、かつ強度を維持して支柱を立てるか試行錯誤しています。

多くの支柱を使って、きっちり立てれば強度は十分で頑丈ですが、準備と収穫後の片づけまでを考えると、少々めんどうです。

反対に簡素化しすぎて、強度不十分なため作物の成長に支障をきたすようなことにっては本末転倒。悩ましいです。

というようなことを畑で考えていたのですが、最終的にはどうにもやってみないとわからない!と思い、今回はこんな組み方をしてみました。

両サイドは支柱に補強を入れ、間は一本立ちの支柱を3-4m間隔で立てただけです。金具の利用もなく上部の支柱連結もないため、準備作業としては40分程度で済みました。

強風やソラマメの重みに耐えられることを願って。