ナスとパパイヤをポットへ移し替え。追加でトマトの種まきも

パパイヤ(台農2号)がそろそろポットへ移行できるくらい成長してきたので、今日はセルトレイからポットへ移し替えをしました。

種苗会社の移し替えの推奨タイミングは、本葉2枚でポットへ移行し、本葉5-6枚で畑に定植と記載。今本葉2枚位なので、畑に植えるのは4月末あたりになりそうです。

パパイヤのついでに、ナスもポットへ移し替えしました。2月に種まきし、発芽に1カ月近く時間がかかったナス。今のところ順調に成長しています。

個人的にはポットへ移し替えのワンステップを踏むことなく、このままある程度の大きさに成長したらそのまま畑に定植したいと思いましたが、ここは基本に忠実にポットへ移し替え。作業後、やはりセルトレイでは狭かったのか植え替え後の姿が生き生きしているように見えました。

今後の植え付け予定を考えている際に種袋ボックスを確認していたら、トマト(桃太郎)の種まきを忘れていることに気づき、慌ててこちらも種まき。約1カ月ほど遅れての種まきなので不安が・・・。

庭で家族とゆったりしつつも、こそこそと種まきをした1日でした。

徐々に木々の芽や花が動き出してきました。

この調子だと桜の花はここ1週間以内に散ってしまいそうです。1年に一回の機会なので花見をせねば。アルコールと共に!