タラの芽の収穫が始まりました

先日ふきのとうの収穫がひととおり終わりました。ふきのとうは気温が暖かくなってきて、あっという間に花が咲きだしたので、速やかに全部収穫しました。

収穫期間としては、2月末頃から3月の中旬までの約一か月間でした。直売所で購入いただいたご夫婦のお客さんから「この間、おたくのふきのとう食べたよ。うまかったよ~。」と言ってもらい、何気ににんまりした私です。

我が家でも「てんぷら」で食べたり、「ふきみそ」に調理して食べたりして、春の味を十分に堪能しました。「ふきみそ」で調理する際のおすすめは、ひき肉を少しいれること。ご飯がモリモリすすみます。

ふきのとうの収穫を終え一段落したなぁと思ったら、今度は「タラの芽」が出てきました。今の芽の出具合をみると、ここ数週間のうちに収穫・出荷期間を終えてしまいそうです。

大きそうなものから収穫を開始し、先日あたりから定期的に出荷を開始しています。

山菜の王様と称されるタラの芽は少し苦味のある独特の味わい。ふきのとうと同じく、春の味を堪能するにはおすすめの食べ物です。

菜園場のタラの芽は完全無農薬栽培であることもアピールしたい!これからはヨークマート、農協、直売所のそれぞれに出荷予定ですので、見かけた際はぜひご覧ください。

ちなみに、私のおすすめの食べ方は、味噌をぬってオーブンで焼いて食べるという調理方法。簡単なうえ、お酒の共に最高なのでぜひお試しください。