ぶどう棚の作成に着手

例年手が回りきらず、十分な管理ができていなかったぶどう。

菜園場では薬を使っていないため、虫の被害(特に鳥!)でほとんど収穫前にいなくなってしまう可能性も高いのですが、残っていて、それをたべた時の感動はそれはそれは美味!

わずかになるぶどう達も、子供たちの胃袋に直行していたため、あまり一般向けには出荷していなかったのですが、これが結構な美味なんです!(自画自賛^^)

そんなぶどうも今年こそは!の意気込みで棚を準備して、より収穫量を上げて、美味しいものを収穫しよう計画。

今は写真左の支柱に、むりくり絡ませているぶどうたち。

これを手前に向けた支柱を立てて、日当たり抜群の位置にまで誘因し大きく成長させる予定。

園主と二人で自作のため、ハンマー片手に支柱を打ち込み、上下左右のバランスを取り、少しずつ組み立てます。

まだまだワイヤーを引っかけたり、残りの支柱を立てたりと、やることがたくさん。

こういった作業が大好きな私のため、ウキウキです。

ただ、作業中にふと思ったことが。

これだけ日当たりもよく、作業性もあがるということは、当然鳥たちにもぶどうが見つけられやすくなるのか?と。

否!

先のわからぬ未来よりも、今はただただ目の前のことに集中~♪(現実逃避)