出荷できる野菜の品目が少なくなっています

昨年の年末あたりから最近に至るまで、菜園場では珍しいことなのですが、出荷できる野菜の品目が少なくなっています。葉物に関して言えば、ほぼ壊滅的な状態。例年であれば、冬場もたくさんの種類の葉物を栽培・出荷しているのですが、今年はどうも勝手が違います。

葉物が全然ない。

畑を見ても、水菜は枯れ果てた姿しか残っていないし、

菜花なんて、ワセ、オクテの双方の品種を栽培しているのに、収穫前にこんな状態。

これからが収穫シーズンだというのに、今の時点で枯れそう。

かろうじて大根、カブ類が少し残っていますが、上部の葉っぱ部分はボロボロ。

なんとも惨い状態が続いています。

冬場にこんな状態になると、今から種まきをしても気温の低さからあまり挽回もできません。本格的に菜園場の収穫・出荷量が回復するには3月から4月位までかかってしまいそうな状況です。

だからと言ってヒマを持て余しているかといえば、そうでもなく、細々片付け・整理整頓・雑草取り等、地味にやることはたくさん。

あ。

こんな状況下でもキクイモに関して言えば収穫量は絶好調で、日々こんな感じの量が掘り出せています。

今年の栽培はとても良い具合。