ヤーコンはすごいのです

まだまだ知名度の低い「ヤーコン」ですが、この野菜、世界三大健康野菜と言われるほど、すごいやつなんです。今日は、このヤーコンの何がすごいかっていうのを簡単にご紹介。

ヤーコンとは

南米アンデス高地原産のキク科の根菜で、形はサツマイモに似ています。でも、味・食感は全く似ていない。根菜なので、ジャガイモのように地下にイモがつきます。

なっている姿はこちら

ヤーコンの栄養価

確認されている野菜の中で、もっともフラクトオリゴ糖を含んでいると言われるほどフラクトオリゴ糖の塊。可溶性の食物繊維も多く含まれていて、ポリフェノール含有量も豊富。

などなど、栄養価高くカロリー低いという健康的な野菜。

ヤーコンの味

生で食べると、甘くしゃきしゃきしたナシに近い食感。ほんのーり甘味を感じる不思議な味で、甘いおイモです。果物みたいな甘さではなく、ほんのーり甘い。

ヤーコンの食べ方

生でも加熱しても、どちらでもOK。生で食べる際は、アクが出るので、数分ほど水にさらすのがおススメ。

うちの子供に好評なのはヤーコンのきんぴらです。もともともっている甘さとシャキシャキの食感が合わさってか、美味しい!と喜んでたくさん食べてくれます。

ヤーコンの葉っぱをヤーコン茶として飲むという話しを聞いて、園主とやってみたのですが、あまり私の好みではない味でした・・・・。美味しい!というものではなかったのは間違いないです。健康には良いとのことですが・・・・

と、ざっくり説明するとヤーコンはこんな特徴です。

今日ちょうど畑からヤーコンを掘り出したので、乾かして土を落としたら出荷しようと思います。2-3日後かな。そこまで栽培が難しいものではないのですが、珍しい野菜だからか、東村山周辺で栽培している農家は、菜園場くらい。

出荷先で見かけた際は、ぜひお試しください。