日の出が遅く、日の入りは早く

この時期朝の「日の出」が遅く、夕方の「日の入り」時刻が早くなっていくので、畑で活動できる時間が少なくなってきます。

日の出が遅いと、いつも起きている時間帯が徐々に薄暗くなっていくので「あ。まだ暗いから起きる時間ではないな。」と勝手に半睡眠状態で誤認。結果、朝の活動時間が減っています。

夕方も少しお茶を飲んで休憩したら、あっという間に真っ暗。冬のこの時期はしょうがないのですが、活動可能時間帯が少ない!

東京(東京都)の日の出入り時間を見ると、1月の中旬までは朝の日の出の時間が遅くなるので、この傾向はしばらく続きそうです。ちょっとボケっとしているとあっという間に1日が終わってしまうので、気をつけねば。

日の出入り時間といえば、これを調べる際に私がよく使っているのが、国立天文台のサイト。とても便利で、二十四節季日の出入りの時刻がわかりやすく一覧になっているのでおススメです。

明日は、カブを出荷予定。

未だ畑に霜が降りていないので、カブしかり野菜の葉の痛みが少ないです。カブの葉っぱは甘味があって美味しいので、未体験の方は捨てずにぜひ食べてみてください。