パパイヤ播種から185日(約6か月)後の姿

ジメジメの雨に加えて、日照不足なのか、パパイヤの生育が今一つです。

種まきから、約6カ月たって、パパイヤの現在の大きさは130cm前後。ピーカン晴れの暑さが続かないと、さすがに生育が良くないと感じます。

葉っぱは大きく、色合いもよいのですが大きさだけが今一つ。

梅雨明けに、どこまで気温の上昇と日光が当たるかで、今後の生育が変わってきそうです。なんとか台風シーズンの前に、ある程度木を大きくさせて、実がついてほしいんだけどなぁ。

今年の収量はどうなるのか。未だ予測つかずです。

今日も午前中は変な天気だったので、こまごまとした作業を行っていました。メインは来季用のトマトの種採りを少しだけ。

今年初めて栽培したアロイトマトですが、味は美味しく、露地栽培なのに割れも比較的少量で済んでいるので、来期もぜひ栽培してみたいと思っています。

いつものように、完熟トマトを袋に3日~1週間ほど入れて発酵させてから、水で洗い流してからの採取作業。

発酵したぐちゃぐちゃトマトが、少々臭うのが種採り作業の辛いところですが、生育の良い株から、もう数回はアロイトマトの種を採取して、今から来季の準備もばっちり用意しておきたいと思います。