トマト誘因

トマトがぐんぐん伸びてきて、またまた誘因作業が必要になってきました。昨日の雨で、雑草の勢いもパワーアップし、雑草取りも併せてやることに。

書くと簡単なことなのですが、これらの作業はあっと言う間に2時間ほど経過してしまう、以外にお手間な作業。

前回はいつトマトの誘因をやったかなー?、と思い調べてみたら、6/2(思いのほか手間と時間がかかる夏野菜の誘因作業)、約一週間前のことでした。この計算だと、これからは、1週間ごとにトマトの誘引が必要かなぁ。

菜園場のトマトは露地栽培(ハウスではない)なので、やっとうっすら赤くなってきたくらいで、収穫に至るまでにはもう2週間くらい必要な感じです。

毎日、翌日の作業概要を想定した、”やることリスト”を寝る前に作成しているのですが、畑を歩いていると次々と「あ。ここの雑草も早めにとらねば」とか「うわ。もうこんなに成長している。早く支柱を立てないと茎が折れてしまう」などなど、急きょ優先してやるべきことがみつかり、計画通り進まないことが多々。

明日はミニトマト、きゅうり、ナスあたりの誘因状況をチェックして、エダマメの種まきまでやりたいなぁ。