植えるときに手をかけるか、収穫時に手をかけるか

先日「こんなことを試してみようかと思います(2/13更新)」で記載した、肥料袋に土を詰め込んで、掘り物の収穫を劇的に楽にしてみよう計画の続きです。

結論として、やっとこさ3分の2程完了したのですが、まだ全部は終わっていません。

現在並べた袋の数は25個ほどですが、おそらくあと15個位は並べられるかと。まだまだ先は長いのです・・・・・。

きっと今の手間をかけていることが、収穫時の作業負担軽減につながると信じて、早いとこ完成させて種芋類を植え付けたいと思います。

ただ・・・・

今日、作業中に袋が土の重みに耐えきれなく破れ、入れ込んだ土がバサーッと流れ出たのが1つ。ふとした表紙に私の足がぶつかり、袋ごと倒れバサーっと土がこぼれたのが1つ。

えええぇぇぇーーっとなりましたですヨ。

袋によってはものすごい量の土が入るので、倒れてこぼれた日には、もうガックシです。コストダウンのため、古い袋を使っているからか、まだまだ途中で裂ける袋が出てきそうな予感。

あと心配なのは、風で一気に全部倒れたりしないよね?というところ。下に土を盛って補強しておこうかなぁ。

収穫まで気を抜くことができなそうです。。。。。。