毎年恒例の餅つき

餅つき用のお米を蒸すために、薪を入れて燃やしていると「あー。また1年が終わるなぁ。」と感じます。年々時間の経過が早いように感じるので、今後さらに年を重ねたらどうなるんだろう。

「年取ると1年なんかもっと早く感じるようになるよ。」園主含め色々な人に言われるお言葉。新しいことをたくさんやって失敗し、悔いのない楽しい毎日を来年も送りたいと思います。

さて、毎年やっている恒例の餅つきですが、今までしっかりと流れを記録していなかったので、今回はメモしておきました。

  • 餅つきでは、5kgのもち米を5つのせいろに分けて約40分前後蒸す。火力の加減により時間は変わるけど大体の目安。
  • その後餅つき機に入れて8分前後こねる。
  • 途中もちの柔らかさを調整するため、熱湯を適量加えて完成。

園主自宅で、皆で出来立てのお餅を食べる。

とても贅沢な食事と時間でした。年末まであと少し。

雪は降らないでくれ~。