梅の剪定枝はウッドチップと薪に

気温の寒い日が続いているため、畑の作物の成長は引き続きのんびりしています。直売所に出せる野菜も品数少なめ。

今日は昨日に続き、梅の剪定枝の後処理を。

小さな枝は粉砕機でウッドチップにして畑に戻します。では大きな枝はどうするか。チェーンソーとのこぎりで裁断し、倉庫にある薪ストーブの薪として利用します。ついでにその薪ストーブで燃やした木灰をまた畑に戻す予定。畑から出たものは畑に返す。使い切っている感が結構好きな自分がいます。

写真はチェーンソーで太い枝をぶった切っている園主です。

私は手ノコでひたすらカット。手ノコも小回りが利いて好きです。