ミニトマトがまだあった

今日一番びっくりしたこと。

落花生の植え付け地の片づけをし、次の作付けの準備をしていた中で、近場のヤーコンの葉の下にミニトマトが。全部収穫してみるとこれだけの量。

意図的に時期をずらして植えたわけではなく、実生(種がこぼれて自生)で生え、しかも猛暑および最近の寒さを耐えてキレイな状態。

考えてみると、連続した雨を経験したのに、実が割れることもなく。

菜園場では、実生、自家採取で栽培することも多々あるので、種がこぼれて良い苗が自然にできあがることも(苦笑)。

早速家族で食べてみて、この時期にも関わらず、露地栽培のミニトマトを十分に堪能しました。

「せっかくだからこのミニトマトの種を取っておいて、来年時期をずらして植えてみようか?耐寒性に強い可能性があるかもなぁ。」などといった会話を園主としていました。

いやぁいい経験でした。

それにしても、、、、びっくりしたなぁ(^^;