地下室の整備

年末に向けてやっておきたかったことの一つだった「地下室の整備」が、今日だいたい完了しました。年内に取り掛かれてよかったー。

園主宅の物置には色々な道具があり、加えて地下室もあります。ですが、今まで雨漏りの問題などが発生して以降、使われていませんでした。前々から、せっかく地下室があるのに、使わないのはもったいないよなーと思っていたのです。

というのも、地下室は地上と異なり、ある一定の気温状態が維持されるため、何かと保存に適しています。これからの季節は、霜が降りてもっと寒くなるため、何らかの保温措置を講じないと、掘り上げたイモ類(特にサツマイモ)が腐ったりしてダメになります。

去年、寒さ対策不足からどれだけ熟成されたサツマイモをダメにしたか・・・・・もったいない。そんな反省から、「今年こそ地下室を整備して、イモ類の保管ができる環境を作ろう!」と思っていたのです。

やると決めたら作業は早いもので、地下室の入り口周りを整頓して、イザ中へ。

思いのほか地下室の中は綺麗だったので、物置場所に新しい下地板を置き、軽く掃除。ここらへんはキレイに新しくして気持ちよく。

外気温が10度を下回っている時間帯で、地下室に設置してある温度計では12-13度を指していました。サツマイモの保管にピッタリではないか。

私もすっぽり入れるくらいの広さなので、収穫したモノもたくさん収納できます。畳2枚分ほどの広さでしょうか。秘密基地みたいで地下室ってあこがれます。

今日の収穫作業完了後、早速園主とイモ類の地下室への移動を行いました。

先週末あたりから、ちょうど朝の冷え込みが厳しくなってきたのでばっちりのタイミング。これで寒さによるイモ類の傷みを気にする必要がなくなりホッと一安心です。