バターナッツかぼちゃなのに、これはバターナッツ??

カボチャの栽培は意外に場所を取ります。

ツルを伸ばす方向をコントロールし、かつ十分なカボチャ生育スペースに雑草が茂らないように草の管理をする。私は特に後者の管理がうまく対応できていないため、気づいたらカボチャの区画が雑草まみれになります。

雑草を放置しておくとその雑草が種をもち、畑の土にこぼれまた雑草まみれに・・・・という悪循環はできれば避けたいので、収穫時期ということもあり、今日は雑草の片づけと同時に、バターナッツかぼちゃの収穫をしました。

雑草の中をかき分けて探した結果、限られたスペースで栽培した割にはそれなりに収穫できたのですが・・・・

いくつか形をよーく見てみると・・・・丸いのが混ざっている・・・・。色もマッチャン(韓国かぼちゃ)風のものもいるし。

これはなんだ・・・・。バターナッツかぼちゃといえば、こういう形が一般的なはずなんですが・・・・・。

同じ区画では、バターナッツかぼちゃ以外のカボチャは栽培してないので、他のカボチャと交配しないと予想していたのですが、明らかに面白い形をしたバターナッツ”色”のカボチャが出現しました。

おかしいなぁ。

種は、しっかりバターナッツかぼちゃから採取した種だったんだけど、他と交配してしまったか、はたまた親の世代からこういった特徴を持っていたのか。全く予期しない作物が生まれてくるのは、自家採取した種による栽培の楽しいところでもあり、困るところでもあります。

なんにせよ。

いくつか家で食べてから、これらの変わった形のカボチャも販売してみようと思います。

菜園場産、完全オリジナルカボチャで(笑)