やってくれたな、台風よ

夜中ぐっすり眠ってしまったため、全く台風の猛威に気づかぬまま、朝を迎えた私。今日、畑を一通り見まわって確認したところ、結構な被害っぷりにビックリ。やっぱり台風直撃の影響って大きいですねー。

まずはオクラの倒れっぷりにビックリでした。

第一段の苗は、そろそろ収穫終わりを迎える時期だったので、影響は少ないのですが、第二段は、これからまさに稼ぎ時で期待していただけに、バタバタに倒れて残念でした。

しかも、なぜか、オクラの株間に雨樋が落下しているし。

これ、どこの雨樋なんだろう、落下したのは。。。。。。

ひたすらに復旧作業として真っすぐに立てて、土を踏み固めて整えました。うまく復活してくれると良いなぁ。

続いてあじめコショウもバタバタ。

支柱を立てずにごまかしていたのが、裏目にでました。こちらもキレイに横倒れ。オクラと同じく周囲の土を踏み固めて復旧作業完了。

そばは、キレイに横に寝転がっている状態。こちらは強いので放っておけば上に向いてくれると信じています。そばの底力は凄いのです。去年の同様の体験からそんなに心配していません。

例年、台風の洗礼を浴びると葉っぱがボロボロになるパパイヤ。

案の定、今回も台風前は、キレイな姿形をしていたのが、台風後に、悲しい姿になってしまいました。

特に葉っぱがボロボロ。

せっかく実をつけだした時期だったのになぁ。今年も大きな実の収穫は期待できないかもしれません。

山芋棚もボロボロです。

支柱が20-30本ほど使い物にならない位折れ曲がっていました。かなり事前に園主と補強作業をしていたのですが、台風の前では無力でした。いったん支柱を全部外して、後日ムカゴの収穫をすることに。こういった支柱の片づけ作業が、一番体力を使う気がします。

一番「あちゃー」と思ったのがオカワカメの棚でしょうか。

今年、収穫方法を工夫すべく、棚の背を低く仕立てて今まで順調だったのですが、棚ごと全部なぎ倒されてしまいました。

園主となんとか立て直すところまでは今日中に終えたのですが、ちょっと弱々しい感じ。もう一回強風が吹いたら、間違いなくまた倒れそうな位の強度です。

なんとか今季はこれで乗り越えたいんだけどなぁ。

他にも冬瓜の棚、キュウリの棚、ゴーヤの棚などなど、棚という棚が軒並みダメージを受けていました。

スゴイですねー自然の猛威は。

もう少し復旧作業には時間がかかりそうですが、一部はそのまま片付けとなるので、ある意味秋作に切り替える気分にさせてくれたんだ、と思うことにして、追ういった事態も、前向きにとらえていきたいと思います。

でも。

もう強風はカンベン!(悲鳴)