雨続きで雑草取りに大苦戦

毎日しっとりとした雨が続きますねー。降ったと思ったらやみ、やんだと思ったら、またシトシト降る。こう毎日ジメジメしていると梅雨明けが待ち遠しいです。

夏野菜の収穫、管理作業で日々追われているのですが、このシトシト雨で、雑草がとにかく絶好調。ちょっと見ない間にあっという間に大きくなっています。

つい10日位前までは、雑草も小さな状態だったので「早いこと雑草取りしよ~っと。小さいうちに雑草取りして、後々管理作業に時間をまわすぞ~」なんて思っていたのですが、気づいたらこんな状態になっていました。

もーね、ボーボーです。

しかも一部は種をこぼす準備までしている段階・・・・・早く除草せねば。

菜園場では、雑草対策は防草シートを多用するだけで、除草剤などの薬品は一切使っていません。そのため、引っこ抜くときは全て手作業のマンパワー!園主の雑草取りは手際がよく、ものすごく早いです。

いつもであれば、雑草取りは以外に面白いので、ウキウキ気分で「よし!やったるぞ!」となるのですが、この雨続きの状態ではいつものように気分が盛り上がりません。

理由は、いくつかあるのですが、大きなものとしては次の通り。

  • 雨露が洋服についてびしょ濡れになる 。
  • 雨がたっぷり土に含まれているので、畑がぬかるんでいて作業性が悪い。
  • 抜いた雑草の土をふるっても、この雨で生きつく率かなり高い。

特に一番最後の理由で困っています!

通常雑草取りをしてから、晴れの日が続くと1-2日置けば雑草は息絶えるのですが、この時期全然息絶えず、そのまま復活することが多々。

こんな感じに根っこに雨水があたり、周りに少しでも畑の土があると、そこに根っこが生きつくのです。

雑草を取らない訳にはいかないし、かと言って引っこ抜いてもすぐに生きつくし。

この時期雑草をやっつけるには、取った雑草を乾燥した袋に入れ込んだりするしかないんですかねぇ。。。。