雨の日は苗の管理が中心

今日の天気予報は曇り。

ですが、終日パラパラと降っているか降っていないのかわからないような雨模様でした。そんな日は「畑にでようかなぁ~」「たまっていたデスクワークをしようかなぁ~」という考えで迷わされるのですが、今日は迷わず、畑の育苗ハウス内で苗の管理を。

なんで迷わなかったかって、思いっきり育苗の作業が遅れているからです。

なんだかんだでもう3月の下旬ですし、夏野菜準備がどんどん押し寄せてきていますしね。

今までナスの苗の管理に時間がかかっていたのですが、生育が順調に進み、最近手がかからなくなってきたので、今度はトマトの管理作業に集中。よって今日のメインは育苗箱のトマト苗をポットに移植する作業でした。

とりあえず80株ほど移植して、設置場所がなくなったので残りは後日の作業に。これで3分の1弱が終了。80苗ほど作るのに1時間半ほどかかってしまった・・・・。以外にポット移植って時間がかかるんですよね。。。。

今年は去年の1.3倍にあたる400株ほどのトマト苗を栽培予定です。大玉トマトの品種は固定種トマトのアロイトマトで、去年栽培した第1世代のアロイトマトから自家採取した、菜園場産の2世代目になります。

2世代目はどんな味に仕上がるかな~。

食べてみないとはっきりわからない点が固定種トマトの楽しみでもあり、恐怖でもあります。

美味しいと味に仕上がることを願って頑張りまっす。